コロナバ禍を救いたい詰将棋作家

一時的に新型コロナウイルスの事はがり書きます。

コロナ対策勝利国

★コロナ対策で成功する国の予想順位を付けてみたい。1位=中国。大圧勝だと思う。 WHOは既に中国のもの。アメリカは脱退とか言っているがフランスとドイツはアメリカに残って協力すべきと言っているようである。 発生源としての責任逃れの裏工作はもう済んで…

余詰かキズか

★今、風みどりさんのブログが面白い。 そのせいで政治・時事ネタを書きたいのに詰将棋ネタを書いてしまうのである(笑)。☆まず余詰とキズの違いから。 余詰=不完全作。キズ=非不完全作。変な言葉になっているが、完全作では詰将棋用語としては完全作だが…

以遠打嫌い

★これは風みどりさんが以遠打についてTwitterでアンケートをしていたので書いてみたいくなった記事である。 以遠打については以前にも書いた気はするが又書いてみたい。☆僕は以遠打は嫌がらせ不成も同じなんだけど、キズにすらならないと思っている。気にし…

香港は中国

★今日、家に帰ると詰パラ6月号が届いていたのである。 そこで書く事は詰将棋ネタでなく政治ネタである。 そもそも今月号は自作の結果稿がないのである。☆時事ネタを書こうと思ったら今はネタあり過ぎ。 新型コロナよりはるかに大きな事は、香港が完全に中国…

SNSの誹謗中傷をなくすには

★SNSの誹謗中傷をなくすにはどうしたら良いかを書こうと思ってたのだが、僕はSNSが何か全く知らないのである。 TwitterとFacebookのアカウントはあるが、僕には向かないので使う気はない。SNSもする事はないだろう。☆SNSの誹謗中傷を法律で規制するのはどう…

レンホー議員の悪口を書くと

★立憲〇〇党のレンホー議員の悪口を悪口を書きたいだが困った事がある。 僕はレンホー議員に興味がないから最近何を言っているか知らないのである。 興味がない理由は、僕は国会議員の中で辻本議員が一番嫌いで、レンホー議員はその辻元議員と区別がつかない…

過剰防衛をなくして行くべき

★緊急事態宣言は解除されて、最初の問題は過剰防衛である。 予防対策は続ける必要はあるとしても、意味のない過剰防衛をしないようにしなくてはいけない。☆まだ方針の段階かどうか分からないが、大阪市の学校でフェイスシールドを付けさす記事を見た。 これ…

緊急事態宣言全国解除

★新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全国解除がされた。 安倍首相が新型コロナウイルスはどんなウイルスと考えているかたが、僕と一緒のように思えるのである。 緊急事態宣言には専門家の意見を聞いているようで、自分の考えと同じ専門家を集めているよ…

アビガン承認されない疑問

★アビガンの5月中の承認が難しくなったようだが、僕には承認の意味が分からない。 承認されなければ販売出来ないのだと思っているのだが何故使われているのか。 使われているのなら承認されようがされまいが関係ないと思うのだが、承認されてないと不自由な…

Twitterを見る

★風みどりさんのツイートを見たのである。 僕のTwitterのアカウントはあるが、自分で分からない状態である。 調べる方法はあるのだろうし、新しくアカウントを取得してTwitterを始める事は可能だとしてもする気はないのである。☆政治に関する記事は新型コロ…

緊急事態宣言全国解除

★緊急事態宣言全国解除が今日される模様である。 どうせなら5月末迄にした方が良いと言いたい。 早く解除しても経済は直ぐに元には戻らない。 特に東京はロードマップとかで段階解除が小池都知事の方針のようだ。実は僕も段階的解除は賛成である。 問題は何…

夏甲子園中止は妥当か?

★今週は何故か賭け麻雀がしたくて仕方ないのである(笑)。☆夏の高校野球が中止に決まった。 これは妥当だろうか? 妥当か妥当じゃないかなら妥当だろう。 世間の情勢からやる方が難しい。 でも本当はこの程度のウイルスで中止にしたらダメなんだよな。★イン…

新型コロナウイルスはパラドックス問題

★緊急事態宣言は関西三府県は解除された。 東京方面と北海道はまだ解除されないのは仕方ないだろう。 地方で感染者ゼロが続いても直ぐに解除にならなかったんで、東京もゼロになってからで良いのでは。 僕の本心とは違うけど。★東京方面も解除は時間の問題で…

台湾WHO参加認められず

★台湾のWHOの参加は中国の反対が通り認められなかった。予想通りである。 WHOは国際機関になっていないのはもう証明されているので、これを理由に反対国はそろって脱退して新しい国際機関を作った方が良いんじゃない。 WHOを国際機関に戻すのは無理。

台湾の独立を

★台湾のWHOの参加に中国は拒否している。 これは台湾の独立に繋がるからだ。 で反論として政治的理由でWHOに参加させないのはおかしいとなる。 世界主要国は台湾の参加に賛成なのでこの主張は通らなくてはおかしい。☆この状況を見て僕は台湾のWHO参加は反対…

検察庁法改正案見送り決定

★前記事だがあれは風みどり氏のTwitterを見て書いたものである。 僕のブログが変な事になっているとか政治批判したいウイルスにかかっているとかは間違いである。 僕のブログは元々変。政治批判したいウイルスにかかっているのではなく、政治批判をしてこそ…

コロナバ禍になる人の特徴

★コロナバ禍の患者とは新型コロナウイルスはとはどんな病気か考えようとしない人の事である。 感染しないために人と接触しないよう外出自粛する。これは誰もが考える事で正解である。 でもコロナバ禍に感染すると外出自粛をいつまでも続ける事が良い事だと思…

四月の自殺者減少

★今年の四月の自殺は例年と比べて激減しているようである。 これは不思議でも何でもない。 自殺する人は自分の人生に悲観して自殺するとして、自分より悲惨な目に合いそうな人が沢山いると知ったら自殺する気がなくなっちゃうだろう。 数字を聞いたら当たり…

気を緩るめず外出自粛解除しよう

★緊急事態宣言の延長都道府県は数字的に解除は時間の問題に来ている。 そこで気の緩みからか外出自粛も緩んで来ているようだ。 ハッキリ言ってこれは良い事。予防さえしっかりやれば外出自粛は全くする必要のない事だからだ。 この状況を見て西村経済再生大…

日本の新型コロナ死者が少ない理由

★僕は新型コロナウイルスに関する事は誰を信じているのか。 誰も信じていない。信じているのは数字である。 色々数字を検証して見えて来る真実がある。 そして、その数字が何故その数字になっているか研究するのが好きなのである。☆その数字のデータであるが…

検察庁法改正案採決見送り

★検察庁法改正案は採決見送りになったようだ。 この採決見送りとは昨日はとりあえずで、今回強行採決するつもりなのは変わらないのかな?☆この検察庁法改正案のTwitterの反対者は検察庁法改正案を勉強せずに反対していると思っていたら、勉強してなかったの…

コロナバ禍患者はこれを読め

★現在、コロナバ禍にかかっている人は何人いるだろうか? コロナバ禍とは新型コロナウイルスとは何か全く考えず恐れている人のこのである。 そんなコロナバ禍患者に読んで欲しいツイートをもーたーさんがよく上げている。 テレビのくそコメンテーターの言う…

新作と言えるには

★taka-oさんのツイートと又見てしまった。 漫画(アニメ)に関するツイートを見たかったからなのである。 僕には興味のないツイートなのだが、デパートの飛単騎詰をボツにしなかった疑問に答える記事を書く事にしたのである。☆僕は発表価値がある作品は何が…

検察庁法改正案は強行採決するのか

★昨日、緊急事態宣言は一部を除き解除になった。 もっと早くするには数字の納得性がなく、それを考えたら時期としては妥当だろう。 でも心配がまだある。 皆気が緩んで外出する人ばかりになる事……ではない。僕の予想は逆。外出自粛を続ける人が大半だと思う…

#福山哲郎議員に抗議します。

#福山哲郎議員に抗議します。 こんな事を言っている人はバカだ。 これは民主党の普通のやり方に過ぎない。 平常運転に抗議するとはバカとしか思えないのである。 抗議は選挙で民主党に投票しなければ良い事。断っておくが僕は反安倍である。 その僕がヘドが…

人は家畜になっても生き残る道を選ぶのか

★僕はTwitterのアカウントはあるが使っていない。使えていないと言うのが適切かも。 でもTwitterは見ている。 どうやって見ているかはGoogleでブックマークして見ているのである。 だから詰将棋関係者は何人かブックマークしているので僕の悪口は言わない方…

検察庁法改正案なんてやってる場合か

★僕は反安倍である。 そこで思う。検察庁法改正案なんてやってる場合かと。 これは野党に言う言葉である。 三権分立を揺るがすものとか裏思惑があるとかはフェイクニュース。 この法案で三権分立は揺るぐ事にはならないし、裏思惑も成立即施行でないと成立し…

もう安心

★緊急事態宣言がいつ出されか覚えがない。 初め7都市で1週間後に全国だったと思う。 その全国になってから期間は5月7日迄になっていて、これ1ヶ月なかったのは覚えている。 1ヶ月もないのに感染者が減るのか心配だった。 5月7日になったら延長されるとは確信…

詰パラ2020・5月号(結果稿)

★このブログは新型コロナウイルスの事を専門に書くブログにするつもりだったのが、何故か詰将棋の記事が挟まる事になったのである(笑)。 その理由はtaka-oさんのTwitterでデパート結果稿の飛単騎詰についてツイートしていたからなのである。☆詰パラ2020・5…

新型コロナウイルスの海外の対策

★新型コロナウイルスの感染対策の日本の収束は見えている。 経済対策と医療面ではこれからではあるが、感染対策の収束は時間の問題になっている状況と言える。 感染対策と詰上がりは決まっている。共存しかないのである。 僕の主張は集団免疫だが、抗体の持…