中日ドラゴンズファン詰将棋作家のひとり言

中日ドラゴンズと野球ネタを書きますが、たまに詰将棋ネタもあります。。

体調不良=コロナウイルスの心配

★土曜日から体調が悪い。
これはコロナウイルスか?
症状はやたら鼻水が出る。
熱はない。もしかしたら微熱があるかも程度。
鼻で息が出来ないので喉が痛い。
これ風邪だよな。違うとしたら鼻炎。
この症状で病院に行くのはどうかしてるので行かないが。
僕の体はこの時期が苦手。暑さに体が対応しない体×……からだ。
昼暑い→中々体が対応しなくて対応しだした時に寒くなっている。
つまり暑さに対応した体で、寒いところにいるので体調が悪くなってしまうのだ。
夏はもっとダメなのだが、我慢するだけで切り替えは必要ない。
このよくある単なる体調不良がコロナウイルスの心配になるのは困りものである。

☆そのコロナウイルスの産業・経済の被害は尋常じゃないが、病気としては日本では大した事ない。
緒外国人に比べ死者は桁外れに少ないのである。
日本は感染していても、自分自身が気が付いてないケースが多いと推測される。
そうなら更に致死率の低さは桁違いになる。
これは何故なのか。

★ところでこの状況でプロ野球は開幕出来るのか。
オリンピックはどうなるか。
プロ野球は日本の状況なら開催の可能性は十分にあると思う。
しかし、オリンピックは完全にアウトだろう。
世界状況から判断して無理なのは明らかだ。
開催時期に特効薬が開発される可能性はあるかも知れない。
最高に状況が良くなるとしても問題がある。
それは選手の練習に一番大事な時に、練習に支障がある事だ。
十分に練習して挑める選手もいるだろうが、公平な大会にはならない。
そんなオリンピックに意味はないのである。
しかもこれは楽観的に見てだ。

☆オリンピックはどうするべきか。
延期しかなさそうだが。
正着は中止だ。
選手はオリンピックにピークが来るよう練習している。
時期の延期は完全な悪手である。
経済的にも維持費の負担がデカ過ぎる。
正解手は一つある。
オリンピックは中止でも大会は開催するのである。
これも予断は許されない状況ではあるが、出場可能な選手だけ集めて開催すれば、観戦価値のある大会にはなるはずである。
オリンピックは中止にしてオリンピックと呼ばない大会にすれば良い。
世界大会だが最悪、日本人だけしか参加しなくても良いではないか。
それでも全日本大会より上の格式にはなる。
これだけ明らかな唯一の最善手があるが、そうなる事はないだろう。
オリンピックは利権に縛られている大会だからである。

詰パラ2020・3月号(結果稿)

詰パラ2020・3月号のやさしい大学院を今さらながら並べてみた。
感想はひと言で言うとこれは良い。
正直言うと、僕は毎月大学院の作品は並べていないのである。
長編のややこしいのが好きでないからである。
僕にはやさ院の易しさが好きなのである。
次回のやさ院も期待しているのである。

☆さて、何故こんな事を書いているかであるが、こないだ大学院に採用されるはずない作品を投稿した事を思い出したからである。
もしかしたら、やさしい大学院なら採用される可能性はわずかにある作品。
なので今、やさ院を持ち上げておく必要があるのである(笑)。

詰パラ2020・3月号

詰パラ2020・3月号結果稿】

★やっぱパラ感想記事は届いて早目に書くべきと、先月月末に慌てて書く事になって実感したのである。
その月末だが、短編コンクールの解答は月末に書いて出すつもりだが、年末忙しい仕事をしているので書くのがきつくなり出さず仕舞いになり悔やまれるのである。

☆さて短編コンクールの解説は誰がやるのかと思っていたら鈴川君であった。
まあ、お馴染みで安定の人選である。
しかし、僕の作品の「誤解=A評価のおがげでシード権入りした」とはなんちゅう解説だヨー。
これでは僕が誤解狙いでシード権入りを狙っていたのがバレてしまうじゃんかヨー(笑)。
まあ、冗談なしで実際は誤解は10数人程度と予想し、それでシード権近く行くとの読みであった。
ブログに書くネタとしてはシード権ギリギリならずの16位がネタとしては美味しかったのである。

★短編コンクールの順位予想は優勝はダントツで45山路作である。
配当も単勝100返しってとこである。
でも2位予想が難しい。
結果34中村雅哉作であるかなと思ったが、僕の評価は低くかったのである。
なぜかこの初手が見えないとの短評があるが、僕はなぜかこの初手が一目だった。同角は73銀打で簡単で同玉は74龍、同玉、75金が見えるからである。
手順は単純で見え易い手順物でしかないので、解答したらB評価であった。
ただべらぼうに上手く創ってあるので5位以内はあるかとは予想していた。

☆3位は19枚目の歩作でこれは超意外。
全50題中最難関とあるが、僕は作意は一目で分かって、ありがちな手順で良くてB評価であった。
ただ作意は簡単だが手順前後の綾。これは28金を先にすると26銀に18玉が全然詰まないのが、色々読まされている内に分からなくなる。
ダメを確定して作意が分かっても変化を詰ますのは大変であった。
変化を読み切れて解いた事になるので、難問に入る作品で、これもべらぼうに上手く創ってある作品と言えよう。

★僕が難問と感じたのは36野曽原作と43室門作であった。
最初が広く、最終形が見えない作品は苦手である。
特に36野曽原作は作意の最終形は見えなくはないが、この収束は変化にあっても作意はないだろう手順なので難しかった。
それ故、ガクっ来て解答を出しとらCを付けただろう。

☆僕の評価の以前の記事で触れたが
No.1は50渡辺直史作。予想は5位か6位。
2位は19佐宗章弘作。
これは本当に良い作品。……なのに余り評価されなく10位以下と思っていたらちゃんと評価されていた。喜ばしい事である。
3位は40堀内真作。
ところで12香を11香で3手目21飛にするのは23合があるのは作家なら瞬時に分かる事だが、11香で作意が可能なら作者はどちらを選ぶだろう。
でも詰将棋としては11香にすると23金合で以下余詰はあるが、収束まで詰将棋と成立しているのは面白い。
この順は堀内氏が発表すれば問題ないが、誰か発表するなら早い者勝ちになるのだろうか?

詰パラ2020・2月号

詰パラ2020・2月号結果稿】

★このブログは一にプロ野球詰将棋はその次なのだが、最低1回は詰将棋に関しての記事を書くつもりでいるのである。
これはその最低1回の記事更新だが、月末ギリギリになってしまった。
プロ野球ネタで野村監督が亡くなられた事は詰将棋ネタより先に書かなくてはと思っていたのに……。

☆中学校の作品と短大の作品の評価予想はどちらも2.66であった。
この2.66はA=2、B=1、C=0の割合の得点で最低目標としている得点である。
結果は2.67と2.65だったのでピンポイントで当たったと言えよう。
で短大は2.65で順位はどうかな?
ん?……最下位じゃんかヨー(笑)。
何だよこの選題は。
それでも首位とは0.09の差で、最低作でも2.65って、ある意味理想の選題ではある。

★短大24の作品であるが、収束から逆算して行くうちに42と、52とを交互に引く手順にならないかなと考えたのである。
でもどうしても42と→43との初手が入らない。
なので42とを55桂で代用する事にしたのである。
しかし、これは宮田敦史氏の短評に「何故この初手から始めたのか分からない…」とあるので失敗だったかも。
42と・52との形なら解答者からは絶対に必要手になるはず。
必要に見えないなら、むしろ初手を省いた方が狙いは伝わったのかも知れない。
まあ、作者の意思のある手なので、僕には入れないと言う選択肢はないのである。

久しぶりの更新

★最近、ブログの詰将棋に関する記事の更新がなく心配している人はいるだろうか?
これでも月1は詰将棋の記事は書いているので、マメに更新してる方である。
ただ記事を書くのが嫌になっている事はある。
それは携帯電話機を故障により同型機と交換してから記事を書く画面に中々ならなくなってしまったのがある。
それから電池の減りが極端に早くなってしまった。
これでは仕事をサボって書く事も出来ないのである(笑)。
まあ、でも月1の更新は必ずするつもりである。
それからTwitterFacebookは自分のアカウントが分からないので、もうやらないつもりである。

☆12月号の短編コンクールは解答を出すつもりだったが、12月の月末は年末でもあり、仕事の性質上年末は忙しく書くのがやになって結局出せなかったのである。
早目に書いておかなくてはいけなかったのである。

★その短編コンクールであるが優勝予想は簡単である。
45山路大輔作で鉄板だろう。流石の作品である。
だが僕の評価のトップは50渡辺直史作である。
この作品はダントツに素晴らしい!
要は入れ替わりマジックである。
僕はこの入れ替わりマジックをスマホ詰パラで発表した事がある。
No.は恥ずかしい配置の作品だから書く分けにいかないのである(笑)。
この狙いは単純に一つ一つの変化を作っても成立しなくて、論理的に変化の違いを考えないと成立しない。
この配置で論理的変化を成立させて見事な作品である。
この作品の僕の順位予想は5位だが、10位くらいかも知れない。
僕の評価は今年の短編コンクールのナンバーワンではなく、今年の短編の全作品のナンバーワンの作品はこの作品なのである。

高木守道氏亡くなる

★昨日、高木守道氏が亡くなった事を新聞で知った。
僕がプロ野球を好きになったのも、中日ドラゴンズはファンになったのも高木守道氏がいたからである。
高木守道選手の守備に魅了されたからファンになった。
僕がプロ野球を面白いと思って見だしたのは昭和49年(1974年)である。
この年はジャイアンツのV10を阻んで優勝した年である。
これはつまり、中日ドラゴンズがこの年に優勝したのは僕が応援したからなのである(笑)。

中日ドラゴンズが優勝出来たのは僕が応援したお蔭である。
これは断言出来ないかも知れない。
たが僕が中日ドラゴンズファンになったのは高木守道二塁手を見たからだとは断言出来る。
高木守道二塁手の代名詞であるバックトスを見たのはいつか覚えはない。
グラブトスは今はほとんどの選手がやるが、その当時は余りやる選手はいなかったと思う。
バックトスにせよグラブトスにせよ早くて正確だから美しい。
普通に守っていても早くて正確だから美しい。
それに魅了されてファンになってしまったのである。

★ところで同じ高木だが高木豊氏がYouTubeをよく見るのだが、ゲストを呼ぶと必ずするのが歴代のベストナインを聞く事である。
歴代ベストナインは一塁=王、三塁=長嶋にで決まりだと思うが、実際に知らないゲストだと上げない。
高木豊氏のこの企画は、高木豊氏は好きに選んでくれと言うのだが、ゲストは自分が対戦した選手か少なく共、見た事がある選手から選ぶのが良いところである。
掛布氏が来た時は時代から王、長嶋である。
横浜の盟友の盗塁王屋鋪要氏も王、長嶋。捕手=野村、外野=福本は決定事項。
それから落合元監督がテレビでベストナインを言っていた。
この3人は王、長嶋、野村、福本は決定事項である。
その3人が二塁手は誰か。
間髪入れず高木守道さんだと言う。
サンデーモーニングは見てないが、張本も高木守道氏のようた。
守備だけでなく強打の二塁手ではあるが、圧倒的な成績ではない。
やはり二塁手としての守備を評価してのベストナイン
僕が魅了された守備はプロ野球選手も魅了されていたのである。

☆僕はと言えば長嶋選手はプロ野球を見出した年で引退。王選手は翌年ケガでほとんど出てない。
なので僕がベストナインを選ぶなら一塁、三塁は落合選手と小笠原選手になるだろう。
二塁手は誰になるか。
山田哲人選手が今後トリプルスリー何回取ろうと、菊池選手がいくら守備が評価されようと、高木守道氏の守備は僕の中では永遠にベストナインである。
冥福をお祈りする。

嫌がらせ不成①

詰パラ12月号は先月はかなり早く届いたが、今月も結構早く届いたのである。
この調子で1月号も年内に届いて欲しいものである。

☆今月のちえのわ雑文集は深井一伸氏で「嫌がらせ不成について」であった。
そこで今回は嫌がらせ不成についての僕の見解を書いてみたい。

★ちえのわ雑文集の深井さんの論考で、これは論理的におかしいと思う図がある。
それは図3である。
これ32飛成と32飛不成のどちらが作意なのかは全く関係ないない図である。
32飛成と32飛不成でどちらも11玉になる。
で、その後は違う手順になる。
不成なら41龍が不可能で、成だと12歩が不可能手で、次の手さえ出来ない。
つまり成と不成は全く別の手になるのである。
この場合、成不成非限定とは呼ばない。
嫌がらせで成っている分けでなく余詰そのものなのである。

☆深井氏は嫌がらせ不成があるなら「嫌がらせ成」もあるのではないかと言っている。
結局は嫌がらせ不成も嫌がらせ成も同等に扱うべきでその矛盾点がこの論考の主張だと思う。
僕はであるが、嫌がらせ不成も嫌がらせ成も同じ考え方である。
図2は良い例図である。
この図、作意13香不成が作意で成る手が「嫌がらせ成」に当たる。
これこの図が完成図なら13香成は余詰である。
しかし、部分図として中編以上の主題が終わった後の収束なら成不成非限定のキズで通用すると思う。
そして作意は不成である。
ここで不成が妙手になるかであるが、この場合不成は取るしかないがなると11玉の余地がある。
取る一手にする不成は妙手ではない。
そもそも小駒の不成は利きが変わるので、論理的には不成は妙手ではなく感覚的妙手に過ぎない。
この収束型で言えば妙手として不成にしているのではなく、有利手として不成なので不成作意設定で通用すると思う。
小駒の成と不成は性能が代わるので別の手と考えれば余詰になる。なら嫌がらせを論ずるよりそれの方が問題である。
僕の結論は嫌がらせ不成も嫌がらせ成もあり、それらは同じである。

★しかし、これは小駒の嫌がらせ成である。
大駒成だとどうか?
説明するには図3の作り方がおかしい。
説明図にするために32飛不成で13玉、12飛成(成限定)を作意とする。
そして11玉は12歩、21玉以下簡単にして、32飛成なら41龍以下長い手順になるとする。
この場合、僕は不成の方が単純に詰むなら有利手なので、嫌がらせ成になると思うが世間は認められないだろうな。
でもこれは現実的には問題にならない。
何故なら作家は大駒不成が作意で成で詰むなら余詰と考えるからそんな図は作らないのである。

☆僕の結論は嫌がらせ不成も嫌がらせ成もあり、それは同じ事である。
ただこれは僕はどうでも良い事で嫌がらせ不成の根本的問題について次の記事で書いてみたい。