チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰パラ2018・4月号(結果稿)短期段位認定⑥

詰パラ2018・4月号(結果稿)短期段位認定⑥】

★序8手は逆算である。
この局面からは深い変化もないし、煩雑な変化もない。手順も軽快である。
ポイントは1ヶ所だけ。13手目14飛に25玉。これは34龍、同歩、17桂迄。簡単である。
……いや、これが簡単じゃないんだよな。
16香は離して打った方が有利に見える。最初から16香に打ったとしても34龍~17桂で詰んでいるのが見え難い。
それを香を下から打って形になってるのに、16香からこんで詰んでると中々気付き難いはずなのである。

☆で、これが見え難いなら更に見え難くいように逆算しようと考えたのである。
この局面(又は5手目25歩の局面)は詰将棋作家がやりたくなる逆算は一つと言って良い。
それは、44龍、34桂合である。
玉方に桂合させるには守備力が強いか渡した時に活用されないかであるが、桂の守備力はなく渡した時に活用されてしまう。桂を合駒させる要素はないなと思い簡単に諦めてしまった。
簡単に諦めるのはどうかだが34桂合は至難であろう。

★で、他の逆算であるが、気の利いた逆算はないように思う。
で、何でも良いから逆算して前述の変化を見え難くなるなら良しと考えた。
具体的にどうるすか。
実はちょっと変化と紛れを付けるだけで急激に見えなくなるのである。
実際に付けた8手の変化量はさほど多い分けでない。
紛れであるが、この初形だと45龍と指したくなる。
ほとんどの解答者は不思議な事に45龍と指したくなると言う計算でこの図にしたのである。

☆これは作者の計算通りになったのか。
どうも計算とは違う。計算以上の効果が出たようだ。
しかし、効果が出るのに反比例して解答者の解後感は悪くなっているようである。
解後感が悪い=良い作品に思えないである。
元々センスの悪い逆算であったがこの逆算は酷過ぎたようである。
せめて4手は省き25歩からにするのだった。
ただこの形は僕の感覚だと、44龍、34桂合が入ってないのが強烈に恥ずかしいんだよな。

2018・4月号(結果稿)短大②

【2018・4月号(結果稿)短大②】

★この作品は思わぬ低得点に終ってしまった。
ブログの更新を中々しなかったのは、低得点にガッカリしたため……ではないのである。
YouTubeやdブックで漫画の無料立読みを見てばかりいたのが、ブログの更新をさぼっていた理由である。
dブックでは漫画の1巻の最初の方だけは、無料立読みが出来るのであるが、キャンペーンで1巻~3巻を期間中は無料立読み出来るのである。
それで100冊以上タダで読んだだろうか。
大儲けである。
……ん?でも続きを読みたくなって何冊か買ってしまったな。
どうもdブックの策略にはまっているようだ。
まあ、dブックからすると僕は良いカモのようだ。

☆さて作品の評価点だが2.77ならそんな悪くない。ただ僕は曲詰は0.1点くらい高く出ると思っているので2.67ではちょっとガッカリの点であった。
まあ、それだけ気に入っている作品だったのであるが、パンチのある手がないのでこんなもんかも知れない。

★この作品の最大の見所は13手目~26手目の6連続捨て駒である。
これは三輪曲詰の真骨頂と言えるもので解説で充分褒めて頂いた。
その後の手順も感じが良く自慢出来る作品なのである。

☆で、13手目の局面が完成したが、この局面は僕は完成図にする分けに行かない。
僕はこの図は63金・64銀・66歩は後の手順と重い形から、打つ手を入れる逆算をしなくてはいけない形なのである。

★で実際にどうなったかであるが、63金と64銀は入った。
しかし、66歩だけ余詰筋がきつく入らない。
結局66歩は駒取りで入れる事にした。
で序6手を省いた図が出来た。
これは63金・64銀・66歩が盤上にない図になっているが、66金が質駒になっている形は酷い。
せめて1回66に捨駒して66同金にしたい。
考えた結果64銀と更に駒取りが増えたが、66銀、同金は入るようだ。
それは序2手省いた局面だが、この形65金にして56歩、同金、66銀の手順になる事は一瞬に浮かんだ。
56歩、同金をする意味は66同との時に85の飛を取れるようにするためである。直感でこれは成立していると感じたのである。

★66歩は金を取るとは言え、65玉の手がわさわざ金を取らすような手で若干味の悪さは解消されていると思う。54玉でも66金は桂で取られるのだけど。

☆序12手を加える事は僕には必須ではあるが2回の駒取りはどうか。
それは56歩~66銀が複合から始まるのはちょっと良い感じなので、全て僕らしく出来た良い作品と自負する作品なったと思っているのである。

詰パラ2018・4月号(結果稿)中学校⑤

詰パラ2018・4月号(結果稿)中学校⑤】

★大分前に柳原氏がTwitterで『33玉に詰方44香・55馬の形で43香不成の詰将棋が出来るか』ってような事をツイートしていた。
勿論、短編らしい手順構成にせよと言う事なのだが、初手43香不成を実現するだけでも意外に難しい。
短編らしい手順構成には打歩絡みでないなら、生香の利は41に利く事だけである。
41に利く利は玉が31(32もあるにはあるが)に来る必要がある。
すると41に利く43香生より、そもそも31に来させない41香成の方が有利なのだ。
それで課題の形より43香生を自然に出すのは難しい程でもないが、結構大変と思ったものである。

☆この課題は大分経ってから改めて考えてみた。
すると41に成っちゃうと左の方に龍を置いて回れなくすれば、43香不成は簡単に出来る事に気が付いたのである。
これは大橋宗角氏も同時期に気が付いたようで、スマホ詰パラNo.10706に発表している。
これはお互いに投稿する時には相手の作品は見ていない。
僕は龍回りに気が付いた時は、43香生の成立がイージーなのを悟るとさらに何かしたくなったのである。
43不成を妙手化するには、44合が利く形にするとか、一旦44香を打つ手を入れるところなのだが、ネタ自体が自分のじゃないので、別の事をしたくなったのである。

★それが何かと言うと44香と55馬の消滅である。
僕は詰将棋で一番価値がある事は消滅だと思っている。
得点はどうでも良いので、この短評がないのは悲しい事である。

☆それから双玉だがと金や66香では余詰があるからであるで、このような使い方は減点だと思う。
その意味では僕は単玉派である。
しかし、双玉にする限りは玉の特性が必要とは全く思わない。
先手玉は本来なら存在に必然性がある駒。あるのが必然なのに、作品に必然性がないと非難する理由が僕には分からないのである。

詰パラ2018・4月号(結果稿)小学校⑤

★ブログの更新であるが前回はいつだったか。
いつか覚えがないくらい昔のような気がする。
随分、更新をサボっているのである。
………あっ、これはこのブログの事である(笑)。

詰パラ2018・4月号(結果稿)小学校5
最近の小学校には3作連続でこんな感じの大模様で駒数の多い作品を投稿してみた。
手筋物とも言えないし、構想物でもない。特にやりたい手がある分けでもないが、やりたい事をやったらこうなったと言う感じの作品である。

★やりたい事を意地でも実現させるのは超短編ではありと思うが、やりたい事のセンスが悪いと下らない作品にしかならない見本になっているようだ。

2017年下半期賞予想

【2017年下半期賞予想】


小学校=20柳澤 瑛作。
得点では5武島広秋作で手順も良いし、作品としても武島作の方が上だと思う。
ただこの作品、武島作としては不本意な作に感じているのである。
15馬は持駒角にしたいが36角が防げないので仕方なくとか、37銀や38歩のボロボロ取られるとことか武島作としては不出来な感じがするので、僕はこの作品は推し難いのである。

中学校=25上谷直希作。
最高得点であるが内容的にも納得の作品である。

高校=17妻木貴雄作。
抜けた作品はないので予想の面白さはあるってとこかな。

短大=20久保紀貴作。
この作品しかないと思うが、得点は15三輪勝昭作の方が上なのである(笑)。

大学=8青木裕一作。
今期の大学で僕が一番感心した作品がこの作品だったので僕が担当者ならこれを選ぶだろう。

大学院=2添川公司作。
並べてもいない作品を予想しても良いのだろうか。
好きなジャンルじゃないんで。
4菅野哲郎作が煙詰にしたい作品だったのが惜しい。

2018・3月号(結果稿)同人室⑦

【2018・~月号(結果稿)同人室⑦】

★今回の同人室の課題は限定打2回であった。
ただ限定打を2回入れるだけでなく、課題創作なら課題を生かすにはどうするか考えたいものである。
この課題なら遠打+遠打、遠打+近打、近打+近打と組み合わせる事が考えられる。
山田作、金子作、利波作がそれに当たる。
同人室は課題をどう生かすかの工夫のある作品が多くあれば 面白くなると思う。

☆僕の作品であるが、まず遠打を入れようと考えた。
その遠打に条件を付ける事にした。
それは最遠打で玉方はその地点にしか利きがない事で、利いていても取らないなら利いている意味がない。つまり取らせ遠打である事。
そして、遠打の駒は香に決めた。
大駒だと可成地点に打つなら中合対策がいらないので面白くないからである。
その遠打する理屈と中合対策を極力少ない駒で作ろうと考えた。作品が少ない駒と言うのではなく原理部分を少ない駒での意味。
それを頭の中で考えていたら、32玉で11飛、15桂、44銀で一応原理は成立する。
これはそれほど時間もかからず出来たのだがここからはかなり試行錯誤をしたのである。

★39香を取らせる意味をどうするかだが、一番意味が簡単なのは75馬の形。
75馬が39馬にしてどうするかは、12飛成しかない。
ここからまずはもう1回限定打を出すのではなく理想の収束はないか考えた。
それで出来てしまうと課題作の素材がパーになるが、それはそれで結構な事である。
幸か不幸か思うような手順にはならず、限定打に出来そうな理屈を見付けたのである。
玉が6筋に逃げた変化に飛を回るには、24は44銀が邪魔で66は39馬が利いていると言う理由。
39馬は初手の遠打と同じ駒を使っているので、2回限定打の課題に合格だろうと思った。

☆25飛は限定打としての面白さはないが、最低限度の水準は保っていると思うのであった。
最低限度の水準は保っている作を点数にしたら2.5であろう。
そして、この作品はキッチリ2.50であったのである。

★順位は投稿する時は、真ん中より上に行くとは思っていたが、同人室が面白くなるには2.50で最下位になるのが理想だと思っている。
そんな事になる分けないが、まさか2位とはね。
まあ、2位良かったけどね。
これで優勝でもしていたら、今頃このブログに何を書いていたか分からないのである(笑)。

詰パラ2018・3月号(結果稿)短編コンクール⑬

詰パラ2018・3月号(結果稿)短編コンクール⑬】


★この作品については一度書いているが、最初の手順は飛中合→歩打ち→突き歩詰の7手詰である。
その手順は一通りしかなく、既に深和敬斗作があり解説の鈴川氏が参考図としてくれている。

☆この参考図は創作の参考になる図でありがたい。
悪い見本の図なのでこのブログの記事に出来るからである。

ダメ点①16飛の移動合は取られないようにするため。この手数でこの意味付けはダメである。
ダメ点②16飛合が紐付である。ここは玉方利きなしで中合にしてこそ。
ダメ点③15歩が紐付である。24銀、46飛、47桂を置かないなら15歩は紐付でも許せるが。

★僕の図でも19桂が詰上りに不要なので、もっと良い図はあるかも知れないが、少なく共、深和作のダメ点を解消した7手詰は良い図にはならないはずである。