ドラゴンズファンの詰将棋作家

中日ドラゴンズと野球ネタを書きますが、たまに詰将棋ネタもあります。。

変別の誤解

★僕は変別誤解は正解にして欲しいと思っているのである。
ただし、変別解答を誤解にすべきと言うものではない。

☆変別誤解とは、作意で詰ませている。
そして変化も全部詰ませている。
しかし、どっちでも同じ作意になるのだが、早く詰む順がある応手にしてしまうと誤解答になる。
解答者は玉方は最長になる手順も読んでこそ正解であり、変別解は誤解答である。
変別解答は誤答で当然だと思う。
ただ、僕がその作品の作者だったら変別解答は誤解にならない方がありがたいと言う事なのである。

★僕は作品を解いてくれる一番嬉しい。
作意を解いて、詰んでいるいるのにさらにその手に早い詰がないか探す事までさせるのは申し訳ない気持ちになる。

☆ちょっとした例を出そう。
作意は詰ませた。
途中分岐があり片方は早い詰があるのだが、どちらも同じ手数と思ったが運良く正解を解答した。
評価はであるが、変同がなければAだが、変同があるのでBと短評に書いた。
短評に書かなくてもそう評価したのは同じ事として、これは誤評価なのか?
僕は誤評価にあらずとの考え方をしている。
そのように創った作者が悪い。或いはそうしかならない素材が悪いと言う考え方なのである。

★作意で解いてくれるだけで御の字。
誤評価だって構わない。
それを変別解を不正解にするなんて。
変別解答を正解にして欲しいのはこのためなのである。