読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詰将棋作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰将棋の価値の数値化

詰将棋の価値の数値化】

☆将棋の場合、人口知能(コンピューター)が人間より強いと認めるしかないところまで来たようだ。
将棋の場合と書いたが、このタイプのボードゲームは全て人口知能が上である。
まだ、人間が強いボードゲームは未開発なだけである。
将棋の場合と注釈は必要ないかも知れないが、将棋は手の価値の数値化が正確になったから強いのだろう。
手の価値の数値化とは形勢判断を数値化している事。
全ての手を形勢判断数値化して、手の価値を数値化する。
形勢判断するのに色々な項目があり、それの比重と数値化の規準の正確さを極めれば、人間が勝てるはずがない。

★で、次は詰将棋の人口知能創作の話である。
結論から言うと、人口知能での詰将棋創作は僕は可能だと思っている。
開発が進めば、人間を凌駕するのは間違いない。
こうなるのは詰将棋界及び人間にとって好ましくないと言う人もいるだろう。
もっともな考え方である。
僕は開発した方が良いと言う考え方なのだが。
それは又の機会にするとして、人口知能創作の最大の難しさは、評価の数値化だろう。
これが出来ないならコンピューターに創作させる意味がない。

☆コンピューターに価値を数値化させる。
これはどうプログラムするかが難しいが、むしろコンピューターが得意とする事になろう。
詰将棋は人によって評価がまちまちである。
それは重視する評価項目が違うからだ。
そこで、評価項目の比重割合は人間がその都度決める形になる。
将棋の場合は比重割合もコンピューターがしていたが、ここが詰将棋と違うところである。

★さて、評価項目ごとに数値化すると言ってが、可能かどうか。
人間でも評価項目を限定しても、査定には差があったりする。
だが、試行錯誤している内に、むしろ人間より正確な判断をするようになるはずである。

☆こうなれば、コンピューター自身で良い作品か悪い作品かが判断出来るようになる。
このプログラムが開発されたなら、詰将棋の人口知能による創作が現実味を帯びて来るだろう。

★これはコンピューターの詰将棋開発の是非は無視した記事である。
だが、コンピューターによる詰将棋創作の可能性がないなら、是非を論議しても意味がない。
この記事はコンピューターの詰将棋創作ソフト開発に反対する人には、最も意味がある記事になっているのである。