読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詰将棋作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

以遠打嫌い

★僕は以遠打嫌いである。
以遠打とは飛角香を打つ時に作意より遠くに打っても同じように詰む事である。
場合にもよるが、小さいキズ扱いで良いと思う。
なのに僕は自作に消せる以遠打は許せない。
消せるとは玉方の駒を利かすとか、その地点に駒を置けば解消出来る事。前後の手順の兼合いで消せない場合もある。
僕は消せる場合は駒を置いても消す。
これは作品集「幻の城」のコラムにチラッと書いた。
この駒を置いても消すとは、その駒がその意味しかなくても僕は置くのである。
実際には余詰消しにはなるようにはしている。
この程度の腕はあるからである。
意味としては以遠打防止のためで、余詰を消すだけなら他に良い方法があるなら以遠打防止だけの配置と変わらないと思う。
だから僕は以遠打防止だけのために駒を置く。
形の上では以遠打防止だけの駒は置かないタイプかも知れないが、僕は以遠打防止のためだけに駒を置く作家である。
勿論、作意に関連ある駒で消すのが第一だが、そんな事は当然やっている。その程度の腕はあるのである。

成不成非限定も同様なのだが、これは容認する事もある。

☆以遠打にしろ、成不成非限定にしろ、小さいキズとしか思っていないので、消せない場合は容認である。
だが消せる場合は消す。
これは潔癖症なのか?
僕の性格は潔癖症の対極である。
僕は何故以遠打が嫌いなのか、我ながら不思議でならないのである。