チョーナンセンス作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

750号として③

★750号の企画として棋士の宴がある。
①いおたん作は直ぐ解けて気持ち良かった。
②北村健介作も簡単に見えるよね。でも直ぐに解けない。
初手さえ決まればスラスラ読めるので簡単ちゅや簡単だが、もうこっから中編じゃんかヨー。
それ以降の作品も見た目は易しそう。
実際にどうかと言うと手数の割には易しくてスッキリした気持ち良い手順の作品ばかりである。
☆この企画は素晴らしい。
今はプロ棋士で真面目に創作と言うか、詰将棋を趣味で創る棋士がこんなにいるのは嬉しい限りである。