チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

三浦九段の反論文2を読んで

★三浦九段の反論2を読んだら、飛んでもない問題事件なのが分かった。

まず、僕はソフト指しは疑惑だけでアウトだと思っている。
棋士はある意味、棋譜を売っている。その棋譜が自分の指したものでないなら商品価値はない。
疑惑がある棋譜は売れない。
タイトル戦ならソフトを利用して挑戦者になったと疑惑があれば、タイトル戦の価値はガタ落ちである。
疑惑だけと書いたが、釈明の機会は与えられなくてはいけない。
疑惑に対する説明がなされなければ、アウトにするべきだと思っている。
三浦九段は満足の説明をしていないなら、挑戦権剥奪と出場停止は当然の処分だと思う。

☆だが反論文2を読むと「満足な説明をしていない」この報道が事実なのか疑問である。否、疑問どころか間違いだと言いたい。

①まず、三浦九段は聞取り調査に渡辺竜王は参加しないように要望したらしい。
もし、ソフト指しに疑問がなかったとなれば、ここに対戦相手がいてはよろしくない。
当然の配慮を要望していた。
なのに参加させていた。渡辺竜王が希望したとしても、第1回では呼ぶべきではない。
なのに参加させたのは、初めから三浦九段を黒にするつもりだったからである。
……と疑いたくなる。
仮に渡辺竜王を加えるのは良しにしよう。
三浦九段は呼ばない事を要望したのに、文春の記事は逆に三浦九段が渡辺竜王の参加を要求したとなっている。
文春はその程度の雑誌と言えばそうだろうが、この大事な事が逆になるのは、将棋連盟が三浦九段を黒にするつもりの聞取り調査で、真実を知るための聞取り調査には思えない。

②次に三枚堂四段に遠隔操作の方法を聞いた事。
これを読んで直ぐ誰もが思う事があるはずである。
遠隔操作の方法を普通仲間に聞くか!
僕はソフト指しをするつもりで、遠隔操作の方法を仲間に聞くなんて間抜けなやつと思ったのである。
よく考えたらそんな頭が悪くて棋士なれるのは不思議。
何故、聞いたかは遠隔操作が出来たら家にいなくても研究出来て便利だから。
でも実際にはやっていないと書いてある。
やりたくてもパソコンにうとく、やりたくても出来なかった感じである。
僕は全くパソコンはダメである。
遠隔操作の方法は一度聞いても、絶対に分からないと断言しても良い。
もし、三浦九段がパソコンにうとい事が証明されたら潔白だと言えると思っている。

③パソコンやスマホは専門家が調べれば、遠隔操作をした履歴は消しても分かるものだと思う。
そのパソコンは押収したが、スマホの提出は三浦九段が拒否したと文春にはある。
これ三浦九段の反論文2によると、将棋連盟側が要求してないとある。
これ三浦九段の言うのが事実なら大問題である。
クソ雑誌文春に事実でない事を言うとはどう言う事だ。
三浦九段が拒否となれば、皆が三浦九段が黒と思うのを狙ったのか?
そして、もっと酷いのは押収したパソコンを調べていない。
白か黒か調査する気がないからとしか思えない。
黒にしかしないつもりで調べている。

④僕は聞取り調査で三浦九段が十分な説明をしようとしないので、処分を受けても仕方ないと思っていた。
本当に十分な説明をしなかったのだろうか?
聞く方が初めから黒にするつもりで聞いていたので、疑念=黒としか見れなかったのではないか?

⑤ソフトとの一致率も黒と言うのは怪しい。
まず、久保戦。
67歩成がソフトでしか指せない手?
僕ならあの手は読まずとも指せる。
読むと指せない手だが(笑)。
67歩成とすると一気に自玉が危ない形になる。
でも67歩成は一番指したい手である。
ダメと結論するのは自玉が寄った時。
一応読む手だ。読んでいる内に助かっている形は見えて来る。
詰将棋をやっていたら気付く形である。
これがソフトしか指せない手と言うなら、詰将棋を勉強しろと言いたい。

渡辺竜王戦
これ45桂を跳んだら、44歩に71角、72飛、53桂生、51玉、61桂成、同玉、44角成の形は研究していてもおかしくない。
以下の手順はソフトで研究したなら、一致する方が
自然である。
この形、渡辺側はやる手が難しいが、三浦側は方針が立て易い。
僕は一致する方がむしろ自然だと思う。
これ渡辺側を持っていたら、一致率が高いなら極めて怪しいと思うが。

★三浦九段の反論文2が事実を言っているとしたら、聞取り調査の段階で、黒と決めつけているとしか思えない。
この調査はハッキリ言って無効である。

☆決めつけてかかるのは良くないので、一言言おう。
三浦九段は白と考えて調査した方が良いと(笑)。
冗談抜きで言うと、三浦九段の望みは普通に対局出来る状態に戻してくれる事だと思う。
挑戦権剥奪に関しては、疑惑行動が多かった自分の責任だと諦めるなら、僕は三浦九段を白だと思い擁護したい。