チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰将棋の創り方(笑)

詰将棋の創り方を書いてみようと思う。
と書いてみたは良いのだが、僕は自分がどうやって創っているのかよく分からず詰将棋を創っているのである。
一言で言うと詰将棋の創り方を知らないのに詰将棋を創っている。
勿論、こんなものを創りたいとなったら、それを実現したり、面白い構成を考えるノウハウはある。
その「こんなものを創りたい」と思う手順はどっから得て来るのだろう。
僕の場合は急に閃くタイプではない。
色々やっている内に試行錯誤して、こんなものを創ったらどうかと感じた時にやっと、創りたいものが見えて来るのである。
色々やる→創りたいものが見える……この間に何をすれば良い発想が出来るのかは謎である。
タイトルに詰将棋の創り方と書いたのは、僕の方が詰将棋の創り方を教えて欲しいと言う意味だったのである(笑)。