チョーナンセンス作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰パラ2018・1月号(結果稿)高校

詰パラ2018・1月号高校の結果稿であるが、最低点は2.62で高水準。
最高はと言うと2.73である。
得点が表す通りいいなとは思うが、特別感銘する作品はないようだ。
短大はと思って見たら、全く同じであった。

☆高校⑰妻木貴雄作。
3手目より56金は同玉、57銀、同玉、68角、58玉、49銀、69玉になるのだが、35とのため詰まない。
36となら13角成が利いて詰む。
このトリックと解決方法が巧妙である。
しかも無駄のない配置で出来ているのに、意外に点が伸びてない感じがする。
これは舞台を移動し過ぎなためだと思う。
舞台が移動すると伏線がより面白くなると思うが、舞台移動は好まれないと思う。

★高校⑱清水 透作。
初手は単なる退路封鎖でつまらないが、同金で52に新たに退路が空くので好い感じの捨て駒である。
そこから、玉金の焦点捨て駒3連発。
複合捨て駒で、2手複合はよくある筋だが、3手複合なので新味がある。
これは僕好みの作品である。
2.71は低い気がするが、このタイプの捨て駒は高い得点は出難いので、高得点だとも言える。