中日ドラゴンズファン詰将棋作家のひとり言

中日ドラゴンズと野球ネタを書きますが、たまに詰将棋ネタもあります。。

中日FA戦略

★中日のFA戦略はソフトバンクの福田選手一本に絞ったようである。
ロッテの鈴木選手は諦めたようである。
僕はいらないのでホッとしている。
ホッとしたと言っても初めから来てくれるとは思ってないので、心配はしていなかったのだが。
僕は打てるチームより投手+守備が良いチームが好きで、中日はそうなりつつある。
鈴木選手の守備は下手と言うほどではないが、レギュラーとして使って欲しくない選手。
中日は勝負強い代打が欲しく、鈴木選手はその意味ではめちゃめちゃ欲しい選手ではある。
そんな条件で来てくれる分けないので、中日が獲りに行くべき選手ではないのである。

☆福田選手は外野手。
中日は外野手は高齢化していてしかも層が薄い。
福田選手は欲しいのは分かるが、その福田とて若くはない。
いてくれたらありがたいのは確かだがそんな理由で来てくれるのか。

★中日の今一番必要なのは前にも書いたが、ロドリゲスとマルチネスの残留である。
外人選手は出し過ぎ(年棒の)は働かない。
これは確率の問題ではない。例外なく出し過ぎは働かないのである。
外人選手と注釈を付けたが、日本人も出し過ぎは働かない。
契約年数が長いのも働かない。
これは確実にそうなっている事実を書いているに過ぎない。
プロ野球選手は適正価格以上出す事は、球団が損するのではなく本人が一番損をするのだ。
実は安過ぎるのが一番いけないのだが、一番良いのは適正価格よりちょっと安いくらい。これが本人にとっても理想なのである。
中日はマネーゲームはしないと言っているが、大変良い事。

☆一昨年ゲレーロが巨人に行った。
ゲレーロはホームラン王になりながら僕の適正評価は2億5千万だった。
それが中日の評価は3億以上。
3億は出し過ぎなんだが、初年度いきなりホームラン王なら出さざるおえない。
そこに巨人が現れてゲレーロを持って行ってくれた。
3億も出したら働かないぞと思っていたので、ありがとうと言いたい気持ちであった。
去年のガルシアもいくらか知らないが、いきなり13勝なら出し過ぎになるだろうと思っていたので、阪神に行かれても痛いとは思ってなかったのである。

★で、マルチネスはいくらかだが、1億5千万以下だろう。
元が激安だし、フルに働いてないし、コントロールに不安があるし、提示は1億くらいだと思う。
これで契約してくれたら来年は飛躍的活躍をするだろう。

☆問題はロドリゲス。
僕の評価は3億5千万である。
これだけの価値がある選手である。
中日がこうも出す分けなく、ちょっと安いくらいが本人が一番働くとしたら3億2千万が理想(本人に)になる。
中日が3億5千万提示して、それ以上の金額で巨人に行くなら、先に書いた通り働かないので何とかなる。
しかし、3億以下の提示で3億5千万以下で巨人に行かれたら大戦力になってしまう。
FAで福田を獲りに行くお金があるならロドリゲスに3億2千万は出してくれと言うのが中日ファンの切なる願いである。