中日ドラゴンズファン詰将棋作家のひとり言

中日ドラゴンズと野球ネタを書きますが、たまに詰将棋ネタもあります。。

中日ファンになった経緯

★僕は元々は中日ファン
今は詰キストでは珍しい大中日ファンである。
でも、ついこないだ迄は全然応援する気にならない中日ファン
それではファンでないと言われたら、中日ファンじゃないと答えるしかない。
そこで僕が中日ファンになった経緯を。

☆僕が中日ファンになったのは高木守道の守備を見たからである。
好きな選手がいたからファンになったんだけど、守備が好きなのにチーム自体はピッチャーが悪いのでファンになっても本当に好きなチームなのかはどうなのかであった。

★それが自分の好きなチームになり初めたのは星野監督ナゴヤドームになってから。
ナゴヤドーム元年は惨敗したけどそれを切っ掛けに守備と投手力を重視するようになった。

☆それを完成させたのは落合監督
僕は打てないのに守り勝てるチームが好きなんで、やっとファンのチームが自分の好きなチームになったと思ったものである。

★で落合監督の手腕は最大限に評価していたのだが、杞憂はあった。
選手を育てる能力や見る眼はあるのかなってとこである。
その選手がどこまで出来るかを見る眼はこれ以上の人はいないけど、レギュラーの力が落ちた時に代わる選手を作れるのかの不安。
あれだけの監督なんでその時は何とかするだろうと思っていたら辞めさせられてしまった。

☆その次の監督は何で高木なんだ。
僕は高木守道選手の大ファンなんだけど、監督としては全くダメだと思っていた。
実際にダメなのに監督をさせたのは可哀相。
その次は谷繁監督だが、谷繁監督も可哀相。
自分の抜けた穴がデカ過ぎる。
プレーイングマネージャーなんで自分がフル出場すれば良いのに、キャチャーを育てる指命を背負わされたのは酷であった。
そして最高に気の毒のが落合GMが全くの無能だった事だ。

★落合GMの無能っぷりドラフト会議に尽きる。
GM主導の結果高校生の指命なしの大学・社会人ばかり。
いくら即戦力が欲しくても高校生の指命は絶対に必要。
それだけでもダメなのに、即戦力狙いで誰一人戦力になってない。
DeNAに入った山崎を谷繁監督は熱望したのに、落合GMが指命させた選手はもうクビになっている。
これはたまたまじゃない。
落合GMのままだったら永遠に中日は立ち上がれなかっただろう。

☆で、谷繁監督は気の毒に解任になったけどこれは仕方ない事。
次の監督が森監督で完全に中日を応援する気がなくなってしまった。
森監督は投手コーチとしても無能。
中日が強かったのは故稲葉投手コーチが有能だったからで森ヘッドのお陰じゃない。
ダメだと思ったらやっぱりダメ。
でも去年はFAで大島選手と平田選手の残留は森監督のお陰も少しある。
今年の松坂選手の復活は森監督があってこそ。
監督としての能力はあるとはあるとは思えないが、2年間中日の監督をしてくれた事は意義はあった。
結果は5位だが最下位を走っていた時に辞任を決めていたんだろう。
良い時に監督を引き受け、良い時に辞めてくれて感謝である。

☆実は僕は今年は監督と投手コーチが無能なんで最下位になってくれと思っていた。
最下位になれば辞めるだろうと。
結果的に阪神が最後でこけてくれて5位になったが、最下位にならず、最下位になったのと同じ効果があったので言うなれば最高の結果だった。

★で、ここまで森監督は無能と言っているが編成の方は有能である。
落合監督は監督としては名監督で、編成の方は超無能。
森監督は監督としてはどうかだが、編成は有能。
GMになって決定権を与えてるのは良くないと思っていたがシニアディレクターになるようだ。
これはベストの体制になった。

☆森監督は去年から編成として働いている。
それが去年のドラフト会議である。
1位は社会人だが2位以下は高校生である。
石川・清水・山本の3投手は実に良い選手。
石川投手は2年後にはローテーション入りを期待している。
山本投手は中継ぎで来年から使えると思う。
清水投手はフォークが良いのでピンチに使える投手に育てて欲しい。

★去年のドラフトが良かったので来年くらいから本格的に中日ファンに戻ろうと思っていたとこに今年のドラフトである。
与田監督はトーク力が抜群で、監督はやらせてみないと分からないものだが、トーク力のある人は少なく共期待出来る。
根尾君を引き当てたので運もあるだろう。

☆大中日ファンになるもの根尾選手の入団が一因でもある。
根尾選手の凄いのはリーダーの資質である。
僕のリーダーの資質No.1は故星野仙一氏である。
星野仙一は投手時代から皆を引っ張っていたが、根尾君は違うタイプ。
黙っていても皆んながついてくるタイプのリーダーになるだろう。