チョーナンセンス作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

順位戦の解説の作品順

順位戦の解説は成績下位順が恒例になっているが、僕はこれは反対である。
順位戦は辟易する作品が多く読んでいて疲れる。
よって後に行けば行くほど駄作に見えてしまう。
本来尻上りなるところが逆効果である。
これは洗練された作品ばかりなら、この順は効果あるだろう。
油ぎった食べ物ばかり出されて食欲は下がる一方なんだから、この作品傾向ならむしろ成績上位から並べる方が効果はあるはずである。
それなら下位の作品は順位戦の作品ではあっさり目にある傾向があるので完食は可能である。
☆この記事はかなり理にかなった事を言っているはずだが、順位戦解説者は参考にしないだろうな。