チョーナンセンス作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰パラ2018・9月号(結果稿)C級順位戦

詰パラ2018・9月号(結果稿)C級順位戦

★今年の順位戦は④芹田修作、⑤坂田慎吾作の作者は予想通り。
①は三輪勝昭作と予想は難しいか簡単か?
簡単ではないけど難しくはないだろう。
一応創り方の作風は出ていると思っている。
狙いは全期残留になって保留になってしまった、昇級→降級→昇級の繰り返し趣向であった。
9手詰なので降級は狙えるが降級はしないと予想していたが、予想通りにはなったのである。
繰り返し趣向で残留はノーカウントするのは都合の良い解釈で、2期連続で残留になったので、繰り返し趣向は止める事にしたのである。

☆ところで3.66が2作で全く同点。この場合は前期順位が優先されるのか。
それは順位戦特有のルールとして面白いと思うが、2.66で昇級はレベルが低過ぎるのである。
だからC級なんだろうけど。
今期はC級よりB級。B級よりA級の方が高くなってはいる。
今期の順位戦全部の作品で、僕が高校の担当者だとして採用したくなる作品は芹田さんの作品だけである。
他は採用するとしても嫌々である。
なんでこんな作品ばっかになるのか。
これは僕の作品は高校の手数でないから言える事なのである(笑)。