ドラゴンズファンの詰将棋作家

中日ドラゴンズと野球ネタを書きますが、たまに詰将棋ネタもあります。。

平昌五輪スケート女子パシュート金!

★平昌五輪、パシュート女子金メダルおめでとう🎉
素晴らしきチームとしか言いようがない。
日本チームの優勝はオールラウンダーとしては世界ナンバーワンの高木美帆選手がいたからこそではあるが、他の二人は個々の実力としてはオールメダリストのオランダとは差がある。
それなのに優勝候補はむしろ日本で、実際に勝ったのも日本。
高木美帆選手がいなければ優勝は出来ないが、高木選手だけ強くても優勝出来ない。
このチームたからこそ。そして勝つための練習をしたからこその優勝。

パシュートって競技は基本的には前選手の後にいれば風圧を軽減出来る。
日本チームは前の選手に非常に近く、足の動きもピタリと合せていて美しい滑り。相当な練習したんだろう。

★レースだけど、最初は日本チームがリードした。
想定では最初はオランダチームがリードするかと思っていたので、ヨシと言う思いとオーバーペースになってないかの心配が半々。
中盤ではオランダチームに0.5秒ほどリードを許す。
これは想定通りで序盤オーバーペースでないなら最後の2周は日本はラップが落ちないので、行けるゾ!
と思っていたら最後1周にはリードに変り、最終的には1.5秒差で圧勝!
凄い。

☆銅メダル争いも面白かった。
アメリカチームは勝てる訳ないオランダとの準決勝を捨てエース温存作戦。
そしてカナダ戦はまともに行っては勝てないので、思い切った大逃げ策。
元々、選手がスピードタイプだったのもあるけど、最後1周までに出来るだけ差をつけ、後はひたすら頑張る作戦。
そこでつけた差が3秒。追う方からすると40メートル以上ある絶望的大差。
しかし、逃げる方は足が動かないんで差がみるみる縮まる。
結果ギリギリ残して勝ったけど、見てる方は面白い。

★男子パシュートの決勝も良かった。
男子の場合、準決勝は決勝以上に必死。
韓国はニュージーランドに最後の1周で勝負がつく辛勝。
オランダとノルウェーは事実上はこれが決勝だったようだ。
まさかオランダが準決勝で負けるとは思わなかったのたが、ノルウェーチームは日本女子チームと同じで隊列が乱れない。
これで決勝はノルウェーチームを応援したくなった。
で、韓国との決勝だけど最後の1周までどちらが勝つか分からない展開。
しかし、最後の1周はノルウェーが上。
これ最後の1周まで互角になったら、100回やったら100回ともノルウェーが勝つんじゃないかな。
韓国の隊列は合格点に揃ってはいる。
しかし、ノルウェーは日本女子チーム並みに揃ってた。素晴らしい。

☆それにしてもパシュートは面白い。