チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

創作技術検定(捌き編)出題

【創作技術検定問題(捌き編)】

まずは創棋会通信+αのすらすら解ける20手台の解答発表の第2回③nono_y作を見てもらいたい。
図は
持駒 銀四
玉方 11玉、47角、61角、81飛。
詰方 54龍以上。

この作品、難しい変化がありそうで実は22銀、同玉、24龍とすると意外に変化はない。
以下32玉、33銀、41玉、44龍、52玉となる事は難しい読みは必要としない。
そこから53銀、63玉、64龍、72玉、73銀、83玉、84龍が見えるがこれは詰まない。
詰手順は創棋会通信+αを読まれたし。

創作技術検定の問題としては3銀1間打ちの作品を創れとなるのだが、それに条件があると言う事である。

nono_y氏がそう創らなかったのは前例があるからでそれがスマホ詰パラNo.6384 ジャイアン作である。
図は次の説明がし易いように左右反転させてもらうがこう。
持駒 銀四
玉方 11玉、21歩。
詰方 54龍以上。

これ、途中龍寄りが入っているが、何も置いていないのに価値がある。
趣向をするには龍寄りは入れたくないが、問題は収束。
この素材はどう上手くまとめても先に打った銀2枚は遊んでしまう。
僕の詰将棋感では、主要手順で指した駒が詰上りで遊んでしまう事は絶対に許されない。

★前置きが長くなったが出題問題である。
問題=nono_y作の紛れ手順のように1間おきに銀を打ち収束を付けよ。
条件=3枚打った銀を詰上りに遊ばせない事。
勿論、捨てて消すのが理想である。
銀の最初の打ち出しは23でも33でも可。
途中龍寄りは不可である。

☆かなり難しいと思うので、ここで一つ緩めた条件も出題しておく。
33銀の打ち出しとして73銀、83玉の局面からでも良しとする。
つまり、趣向は成立していなくても良しとする。
そのくらいこの銀2枚は捌き難いと思う。
僕は模範解答を用意しているかと言うと実は何もない。
なので、僕も出来なく解答も一人もいない場合は、この検定問題は有耶無耶になってしまうのである(笑)。