チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰パラ2017・7月号結果稿より

★昨日は大ニュースがあった。
都議会選の自民党惨敗である。
藤井四段29連勝がストップではないのである(笑)。
今回の自民党惨敗は自民党の負けでなく、安倍政権にノーを突き付けたものである。
政策の良し悪しは問題でなく、疑問点がある政策とかにしっかり説明する事もなくゴリ押しする政権はダメである。

☆藤井四段は負けたのは残念だが、佐々木勇気五段は棋士として立派なのに感心するばかりであった。

詰パラ2017・7月号の結果稿の作品について。
小学校=⑳上谷直希作。
今年、看寿賞を受賞していい気になっている人の作品である(笑)。
これ氏らしくて凄く良いと思った。
しかし、解いた時は気付かなかったが、57や27の合は僕は有効合だと思うな。

中学校=⑰山路大輔作。
金銀入替えが狙いであろう。
僕は中々解けなかったのでもっと高い点が出ると思っていたが意外な低得点。
僕は作品の造りを間違った結果だと思う。
この狙いならもっと低い得点になっても良いので、手を簡略化すべきだったと思う。
つまり52飛と73龍の配置が思わせぶりだと言う事である。
43角とか期待させる配置は金銀入替えの狙いには不用。
金銀に働きかける以外の手を不可能にした方が良い図になったと思う。