チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰将棋創作発想力検定

詰将棋創作発想力検定を出題してみたい。
いつもの創作技術検定でないのは、明快な答がないので発想力検定としたのである。
次の作品は昨日の夕刊フジの角 建逸作である。

持駒 金歩歩歩
玉方 23玉、25歩
詰方 34飛、35香以上17手詰。

32飛不成は習いがある手だが、22に合駒が利く形では珍しい気がする。
それに対して13歩を打ち、成り捨てるのが味が良い。
中々気の利いた作品である。

★さて、問題であるが、僕の感覚ではこの収束は我慢の限界を越えている。
手順はこんで良いのだが、特に詰上りの23歩の存在が許せないのである。

☆そこで出題問題としては、僕が詰上りとして許容出来る図にしろと言うものである。
何ともあやふやな問題である。
なので明快な解答はない。
条件としては32飛生~12歩成捨てが成立している事とする。
初手の14金は入らなくても良い。
初形駒数は不問で捌ければ良しとする。

★思い付いた図があればコメント頂きたい。
僕自身はまだ何も考えてはいないが、初形駒数を気にしないならいくらでも出来ると思っている。
解答発表は7月号を一通り読み終えた頃にするつもりである。