チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

冗談のオチ

★ブログ名を「チョー一流作家のひとり言」に変えてみた。
とりあえず6月いっぱいはこれにする。
評判が良ければずっとそうするつもりである。

☆チョー一流作家と言っているのは冗談である。
冗談なのでオチがある。
「流石、チョー一流作家の作品だ」と褒められたとしよう。
不思議な事にチョー一流作家と字にすると褒められている気がしないのである(笑)。
と言う伏線が長いオチであった。

★ま、この話はこれで終りとして、最近面白い伏線のオチに遭遇した。
Twitterで「カピバラさん」と言う人である。
何かのゲームで課金しようかとかなんとかツイートしていた。
そんなもん勝手に課金しろよって感じである。
で、次の日起きたら「それよりパラに課金せんといかんかったわ」とかなんとかツイートしてるじゃんかヨー。
ゲームの課金の話は、このオチを言いための伏線だったのかヨー。
これには、ホンマもんの一流作家の構想力は違うと感心したのである(笑)。