読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詰将棋作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰パラ2017・4月号到着

☆今日、詰パラ2017・4月号が届いた。
まずは採用作の確認。
中学校・短大・大学院と詰四会作品展に採用されていた。
非入選コーナーでは幼稚園にも。

★大学院の作品は実は終4手目に変同がある。
この作品は逆算創作である。
何故、変同がある素材を逆算したのか。
それは完成するまで気が付かなかったのである(涙)。
ここまで逆算してから気付くとは。
ボツにしようかと一瞬考えたが、あ〇り〇し(伏字にする必要もないが)としては痛過ぎるが、普通の詰将棋でこの手数なら然したるキズでもないと思い投稿する事にした。
手順は気に入っているので、沢山の人に解いてもらいたい。

☆詰四会作品展は僕は詰四会のメンバーではないのではと思われるところ。
これは小林尚樹さんの代作なのである。
でも、依頼されたのではない。
僕のようなチョー一流作家ともなれば、頼まれなくても創るものなのである(笑)。
分かり易い言葉で言えば、余計なお世話である。
詰四会で祝賀曲詰として「〇」の字を頼まれたと聞いたのだが、小林尚樹さんの作風を考えたら曲詰は苦手だと思った。
それで、出来なかった時の予備のつもりで創って渡しておいたのである。
予備作がある事で安心して創れるものも創れなくなる事もあるが、小林尚樹さんの作品を見ていたら曲詰は向かないような気がするがどうであろう。

★その小林尚樹さんであるが、大学半期賞に気を良くして、今頃は看寿賞の受賞の言葉を書いているだろう。
この可能性はどのくらいあるかと言えば、「0%ない」のである(笑)。