チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

三浦九段復帰

☆昨日、三浦九段が復帰された。
不当処分は今年から解除されているはずだが、やっと解除された気分である。
もの凄い報道陣だったようである。
最近はニコニコ生放送棋譜もみれるようである。
僕は見てないのであるが、Twitterの情報を見ると負けたけど良い内容であったようだ。
三浦九段のファンの僕はホッとした気分である。
いつから三浦九段かと言うと、反論文2が出てからである。
あれで将棋連盟の不当性が十分推理出来る。
ただ自分の推理以上に不当な事をしていたのは驚いてしまったが。

★渡辺 明はブログを再開したようだ。
今回の事件では説明出来る事は説明して行くつもりのようだ。
昨日は「剥奪されても構わない」とは言ってないと主張している。
三浦九段が復帰の日にそれを言う。
言うタイミングを考えいたんだ。流石、渡辺 明と感心しているのである(笑)。

☆で、剥奪されても構わないとは言ってないんだな。
よし信用しよう。
つまり、今でも剥奪されては困ると思っているんだ。
世の中には言っていようといまいと、剥奪するべきと考えている人がいるんだけど。
僕はと言えば剥奪には及ばないと思っている。
刑務所に送るべきと思っているのである。
おっと、素直に思っている事を言ってしまった。
公平に見て、裁判に任せるべきところ。
そこで渡辺 明も悪意はなかった事を主張すれば良い。
でも僕は悪意があったと思い込んでいる。
世間でも同じように悪意があったと思っている人は多い。
裁判でそれをハッキリさせて欲しい。

☆そこで、たとえ悪意がなくても自分のした事は何らかの処分を受ける必要がある事を認識しなくてはいけない。