チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

eureka作品

詰パラ2017・1月号デパートはeureka作個展である。
これはご存知の方も多いが「おもちゃ箱」のTETSUさんがコンピューターに自動創作させた作品である。
これは「おもちゃ箱」に詳しく書かれているので、是非読んで頂きたい。

★さて、実際にどうやって創られているかだが、これから書く事は僕の認識によるもので、TETSUさんから間違いが指摘されたらこの記事は削除になる事をお断りしておく。

☆まず、僕はコンピューターによる全自動創作ソフトの開発には大反対である。
そんなものに意味はない。
だが、半自動創作ソフトの開発は大賛成である。
半自動とはどう言う意味かだが、人間が作業するところが残されていると言う事だ。
例え人間が作業するところが残されていても、それが無意味なら全自動と同じ。
人間の作業する部分に意味があるなら、他の部分はコンピューターがしようとその人の作品だと考えたい。

★eureka作品だが、TETSUさんが配置なりある条件を設定して、それの完全作を自動で抽出させているのだと思う。
それで出来た作品はeurecaである。
eure「C」aなんだよ。
その作品を全部見て良い作品を選出しているのがTETSUさん。
良い作品を発見したら「やったー!」となる。
それがeureka。eure「K」aである。

☆いくらコンピューターが完全作を全摘出してくれたとしてもクズばかりである。
良い作品はパッと見たら分かるとしても、おびただしいクズの中に紛れ込んでいる分けだ。
そこから見付け出す作業は人間しか出来ないし、それをしているのがTETSUさんだと僕は思っている。

★さて、この部分はどのくらい重要かだが、僕は手順が完全なのかどうかはコンピューターにやらせた方が効率的で良いと思っている。
その作品が良い作品になっているかどうか推敲する事は詰将棋を創る上で最も重要と言うのが僕の持論。

☆eureka作品は一番重要な事はTETSUさんがやっている。
僕はeureka作はTETSUさんの作品として信じて疑わないのである。