読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詰将棋作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

将棋連盟は犯罪者である

★三浦九段は1月のイベントに参加の予定だったところが、将棋連盟が勝手に取り消しをしたようだ。
この将棋連盟のファンを大事にしない事には、僕は「完全にプッチン」と……言ったのである。
僕はこのブログでは極力将棋連盟の立番にたっても書いている。
これでハッキリした。ファンを大事にしないのら、将棋連盟の立番に立って考える必要は全くない事が。

☆まずこの件だが、処分に妥当性はないが、あったとしても今年までのはずだ。
来年1月からに関しては、将棋連盟に人の仕事を潰す権利などない。
これは完全な犯罪である。
しかもファンを大事にしないとはゲスの極み
刑事告発されるべき事だ。

★そもそも、最初の処分が単なる冤罪事件ではない。
竜王戦が開催されなくなったと言って、休場とどけを書かせたのなら詐欺である。
さて誰が言ったのか。
これは言った人間だけでなく、会長と常任理事は全員に責任がある。
そして犯罪である。
将棋連盟がイベントの出席を取り止めにした理由は想像が付く。
三浦九段に本当の事を喋られたくないからだ。
それは今、分かっている事以外に悪事が沢山あるからである。

☆僕は三浦九段は裁判を起こしても、本質的に得る
ものはないからしないだろうと思っていたが、違う気がする。
将棋連盟と話合いを持とうとしているのでもないと思う。
刑事告発まで考えているのではないか。
将棋連盟に善人が入れば示談が理想だが、島と青野は悪人である。
刑事告発して刑務所に送る事が必要だと考えていると思う。
まあ、これは想像でしかないが、僕自身は谷川会長・島・青野そして渡辺は罪を問うべきだと思っている。
簡単に言うと犯罪者だと言う事だ。

☆さて、実際に犯罪を犯しているが、有罪に持って行くのは難しいだろう。
休場届けを出させたいきさつで三浦九段に有利な証言をする人は一人もいないからだ。
仮に三浦九段の証言こそ信憑性があるとされても「竜王戦は開催されないかも知れない」と単なる可能性を言っただけなのに、三浦九段が勝手に開催されなくなったと受け取ったと言われたらどうしようもない。
新年イベントの件も適当な口実を言うだけである。

★三浦九段側は苦悩しているだろう。
刑務所に入れなくてはいけない人間を罪に問えないと。
よしんば裁判に勝ったとしても執行猶予が付くのが関の山である。

☆そこでだ。
この犯罪に対して世間は見て見ぬふりはいけないと思う。
TwitterFacebookやブログを使って、悪事に対しては断固として、これはいけないと言うべきだと願うものである。
今回の事件は単なる不祥事ではない。
将棋連盟会長・理事及び渡辺の犯罪を世間は許してはいけない。

★あっ、ハッシーについてはどうしようもないだろう。
1億%クロだとツイートしたのはスタッフだからである。
これは本人が言っているので間違いないのである(笑)。