チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

プロの実力はこの程度なのか

★三浦九段の反論文2と将棋連盟主張の食い違いについて文春を読むとお互いに間違いはないようだ。
将棋連盟の主張ではなく、文春の取材なのであろうが、どうして食い違いが出来たのかは、文春を信じるなら納得は行く。

①渡辺竜王に三浦九段は同席しないよう要望した。
これは三浦九段は最初は同席を求めたが、将棋連盟が同席するてはずを整えたら、今度は逆に同席しないよう求めて来た。
これなら将棋連盟側からすると、三浦九段が同席を望んだとしか取れないし、三浦九段側すると同席しない要望にはなる。
弁護士が反論文は書いているだろうから、最初は三浦九段が求めたような不利な事は書かないだろうし。
まあ、三浦九段の方は疑われているとなれば、同席を望むだろう。よく考えると竜王戦の事を考えたらやっぱいない方が良いと考えが変わるのはむしろ自然とも言える。

②パソコンのスマホの提出は三浦九段の意思で、さて実際の提出になって、スマホはダメと三浦九段が
言い出したのか。
これなら将棋連盟側からすると、三浦九段がスマホ提出を拒否した事になる。
だが、最初からパソコンとスマホ提出を将棋連盟が要求していないなら、スマホはやっぱ待ってくれと言うのも、おかしな事ではないだろう。

③録音は双方合意だったが、三浦九段が録音していて、録音に失敗しただと。
なるたる怪しさ。
だが、本当に失敗したのかも知れない。
問題なのは、何故将棋連盟側も録音していないかだ。

この3つから三浦九段はやはり怪しいとなるが、それより酷いのは、将棋連盟のズサンさである。
この調査で処分したのは、黒に違いないから、この処分に懲りて、二度とソフト指しをしないだろうと言う安易な考えだったんだろう。
実は僕もこの処分は適切だと思っていた。
でも、今回の黒に決めつけたズサン調査はちょっと酷い。
僕はソフト指し不正より、将棋連盟の方が倫理的に悪いと思っている。

☆今回の事件は三浦九段はソフト指し疑惑になる事を自分でして、将棋連盟はテキトー調査をした自業自得だと思う。

★僕は今回の事件は起きるべくして起きた事で、林葉直子さんの方がスキャンダルだと思うのだが。

林葉直子さんのスキャンダルはショックだが、僕は今回の事件で酷くガッカリした事がある。
三浦九段のソフト指し疑惑となった久保戦と渡辺戦である。
離席のタイミングとソフトの力を借りないと指せない手なので、ソフト指し疑惑が生まれた分けだ。
僕はどんなタイミングで離席しようと、あの程度の手がプロは指せないのかと思った。
あの棋譜でソフト指し疑惑を持つくらいの力しかプロはないのか。
少なく共、三浦九段のソフト指し疑惑となった棋譜は、これではソフト指し疑惑にならないと思ってこそプロだと思う。
ハッキリ言って、プロの実力のなさに幻滅している。
まあプロがこの程度の実力なら、藤井新四段の活躍が約束されるので、喜ぶ事だと思うようにしよう。