チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

竜王戦のあり方

☆三浦九段のソフト指し疑惑は調査し直しなら、処分は解除するべきである。
今日、出場停止解除が発表されてもおかしくないが、ないよね。
竜王戦挑戦者交代は流石に取り消せないだろうが、これは名案がある。
再度、挑戦者を三浦九段に変更するのである。
勿論、第1局は渡辺竜王の勝ちは継続される。
離席行為が多く疑惑を招いたペナルティーにはちょうど良い。
三浦九段が挑戦者に戻れば、将棋に興味ない人の方が興味のある対戦になる。
不謹慎な考えなのだが、僕はみる将で自分が強くなるために見ていない。
面白い対戦の方が良いのだ。(丸山九段は元々交代に反対だし)
渡辺竜王はやり難くてしょうがないだろうが、見る方は面白い。
要は新聞社側からすると、三浦九段の方がありがたいのである。
これ、将棋連盟からは再変更は無茶があるが、新聞社側から三浦九段に変更を要求するのは可能だ。
否、可能でなく当然のように要求できる。
三浦九段のソフト指し疑惑の取調べは正当でない。
正当な理由でない交代なので、むしろ要求しない方がおかしいとさえ僕は思っている。

★勿論、再調査の結果、不正が証明されれば、竜王は獲得しても剥奪である。
もっとも、ここまで来て不正が証明されたなら、除名処分は免れないだろう。
パソコンとスマホを解析して痕跡がなくても、潔白の証明にはならない。予め、提出用に用意していた可能性があるからだ。
でも、合わせて反論文2の主張が正しかったとなると推定無罪にはなる。
そうなった時、竜王戦挑戦者交代処分は取り返しのつかない事になる。

☆ここで僕の名案である。
将棋連盟からは挑戦者の再変更は無理だが、新聞社なら出来る。
裏で根回しをして新聞社側から挑戦者変更を言わせるのである。
これだと言い方が悪いので、将棋連盟は新聞社に提案として持って行く。
ウンと言うかは分からないが、了承してもらえたら、新聞社側の要求ではなく、決定としてもらえば竜王戦が面白い事になるのである。