読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詰将棋作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

三浦事件の収束方法

☆三浦九段の反論文2は実に真実味がある。
特にこの一行。
「私は単に今までどおり将棋が指したいだけなのです。」
これ本当にソフト指しをしていないから言える一言だと思う。
もし、ソフト指しをしていてこう言ったなら、それは棋士を止めた方が良い。
小説家になった方がもうかるからだ。

★パソコンやスマホを調べて、ソフト指しの痕跡がなくても潔白は証明されない。
予め調査を予想して別のパソコン・スマホを使用した可能性はあるからだ。
僕は白を証明する事は出来ないと思う。
だが、反論文2に書かれている報道との相違点が事実か調査は可能だと思う。
それが、事実となれば、三浦九段の世間の疑惑はなくなるだろう。
三浦九段は法律上の無罪が欲しいのでなく、世間に本当に無罪だと知ってもらう事を望んでいるはずである。
それともっと切実な願いが冒頭の言葉になる。

☆さて、この事件のベストだと僕が考えている収束がある。
竜王戦に関しては、僕は疑惑があるだけで挑戦権はないとする渡辺竜王の考え方には賛同する。
ただ、取り調べの方法に問題があっただけである。
渡辺竜王が取り調べに影響したとは思うが、根本的には将棋連盟のミスである。
渡辺竜王竜王位剥奪には及ばない。
対丸山戦も当然行われる。
三浦九段は離席行為を頻繁にしたため疑惑につながったとして諦めて欲しい。
冒頭に書いた言葉を言えるなら、納得出来るはずである。
出場停止処分の解除だけで十分である。

★さて、三浦九段は反論文2が事実と証明されたらどうするのだろう。
もし、今書いた収束で満足するなら、三浦九段は僕が最も応援したい棋士になるだろう。
三浦九段がこのブログを読んでいてくれたら嬉しいな。