チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

詰将棋創作と実戦

詰将棋創作の実戦への影響】

★前記事は詰将棋は指将棋の実力向上には重要な事を書いた。
但し、それは解く事に限った話である。
今回は詰将棋創作が実戦にどう影響するかである。
結論を先に言うと、詰将棋創作は実戦に悪影響がある。
それもかなりである。

詰将棋は創作法が色々あり、形から手をひねり出すタイプならむしろ有効かも。
僕は手順が決まれば、いかにその手順が成立するか、その配置を考えるタイプ。
このタイプは実戦に必ず悪影響がある。
実戦は自分の手だけなら思った形に出来るが、相手の駒は出来ない。出来ないどころか、一手指すのだからさらに違う形になる。
詰将棋創作では、こう言う手順をやりたいと思えば都合の良いところに駒を動かせる。
実戦であり得ない発想をしているのだから悪影響があって当然なのである。
それもかなりである。

★これで僕が詰将棋創作をする理由の一つが分かると思う。
将棋が強くなり過ぎるのをこれで制限しているのである(笑)。