チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

変長は不完全作

★変長=変化2手長駒余りはキズにあらず不完全作だと考えている作家が増えて来たと思う。
詰将棋は2手長駒余りを認めても良い事など一つもない。
これは作家の認識だけではなく、ルール自体を廃止にしなくてはいけないと思っている。
それも今やらなくてはいけない。
実害が既に出ている。
それはスマホ詰パラである。
スマホ詰パラの作品で変長作がよくある。
これらの作品は作家の甘えではなく、これで良いもんだと思って創っているのだろう。
初めから玉方最長手順。同手数の場合だけ駒余余らず義務なら、そう創っている人がほとんどだと思う。
変長のルールの廃止は急ぐべきだと言いたい。