チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

解答選手権解図②ネタバレ注意

解答選手権解図ネタバレ注意!
解いてない人は読まないように。


解答選手権第1ラウンド第2ラウンドの第2問目。
第1ラウンドの第2問目。
目を覆いたくなる悪形。僕は玉が広いと解く気が全くなくなるので悪形である。
この作品は広いところに追っても煩雑な変化はなく、ピタリと制空して詰ませているので好作だろう。
でも好きになれない。解答選手権向きの作品だ。

第2ラウンド第2問。
これは素晴らしい好形である。
玉が広くないのは勿論、守備駒が良い感じでいる。
これは僕の言う詰将棋の格言通りなのである。
その格言は「守りの駒は美しい。」である。
この格言は僕が初めて言ったのである(笑)。
この形はいかにも手筋が出て来そうで期待させるが、期待以上であった。
23香成~32銀の打ち換えは34歩、同と何かの後なら簡単に指せるが、24に角が通ってないので指し難い。
高橋和作の看寿賞作を思い出した。
この作品は今回の解答選手権の作品で一番お気に入りである。
まだ、4作しか解いてないが(笑)。