チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

態度保留の不成

★柿木将棋は成っても成らなくても同じような時によく不成をして来るなと感じている人はいるだろうか?
全く成っても成らなくても同じになるならどうでも良い事ではあるが、不思議に思う人は多いだろう。
僕は何故不成で来るのか知っているのである。
実は柿木将棋は成らない方が得だと思っているのである。
理由を説明しよう。
可成地点に大駒が動けば成不成の選択をしなくてはならない。
飛車で説明しよう。
飛車は成ると龍になり、元の動きに加え斜めに1路動く事が出来る。
その斜めに玉が来る事がなく、自分自身も斜めに動く事は100%ないと考えて欲しい。
この状況下では龍に成る得があり得ないのである。
この状況下になる事はほぼあり得ないのであるが、それに等しい状況は起りうる。
次に斜めでなく、必ず縦か横に動くつもりの時である。
さて考えて欲しい。飛車が可成地点に入った。次に斜めの地点に玉は来ないし、飛車は次に縦か横にしかどんな事があっても動く気はない。
これで龍に成る得はあるか?100%あり得ないはずである。
だが、生飛のままにしておく得はある。理由はお分かりだろう。打歩解消を生飛なら出来て詰みなる事があり得るからである。
つまりこの状況下に限れば成るより成らない方が得なのである。
龍の方が良いと思えば次に動いた時に成れば事足りるのである。
だから柿木将棋で不成の手は得な方を選んでいるに過ぎないのである。
この大駒不成の手を僕は態度保留の不成と呼んでいるのである(笑)。
整理して説明しよう。

☆可成地点に入った大駒(具体的に飛車とする)は斜めに玉が来る事なく、次に縦か横に必ず動く場合、成る利はあり得ないので不成の効果があるなしに関係なくとりあえず態度を保留する不成を「態度保留の不成」と僕は呼んでいる。
これの重要なポイントは不成の効果はなくてもとりあえず成らない事である。
そして態度保留の不成は妙手ではないのである(笑)。

注=僕は呼んでいるのは柿木将棋が成れば良いのに不成をして来た時に、態度保留の不成だなと心の中で呼んでいるだけである。