チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

古図式の全格配置

玉位置についてもうひとネタある。
古図式は全格配置になっている。
と言っても全く調べずに書いているのである(笑)。
「無双」と「図巧」は全格配置である。
それ以外でも全格配置の図式はあるかなど調べる気にもならない。
僕は全格配置には全く価値はないと思っているからである。
これではこの記事の話が進まないから、価値は
あるものとする。
僕が全格配置に価値はないと言う理由は、作品を鑑賞するにはどうでも良いからである。
だが作家からするとこれは意味があるであろう。
握り詰で作品を創るのも同様である。ランダムに使用駒を指定しても全く意味がないのに。

話は飛ぶが「無双」「図巧」には見苦しい逆算をした作品がいくつかある。
何でこんな逆算をしたのだろうかと言う感じの作品である。
作品に物足りなさを感じて逆算する気持ちは分かるが、看寿がこんな下手な逆算をするかである。
これらの作品は僕は玉位置の調整だと思っている。
全格配置に意味があるとしたら、そんな事しては意味ないと思っている。
もっと言えば、全格配置にしなければより良い作品集になったと思う。
宗看と看寿なら、そんな事をしてる暇があったなら、その分は創作に力を入れた方が、もっと良い作品を収録出来ただろうにと残念に思うのである。