チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

作意無駄合

鈴川君のブログの無駄合問題図で馬屋原さんが無駄合と認めてない理由がやっと分かったのである。
作意にある合駒だからなのである。
つまり変化でこの形になったとしたら無駄合と認めているのである。
んーん。これはルールでは解決出来ない問題である。
反論としては、変化なら無駄合と言うのに作意では何故ダメなのか?と理論的な答が欲しいが僕はそんなのどうでも良い。
これは考え方の問題なんである。
どちらが正しいとは言えないのである。
僕の考えはでは、こんな事を言うのは、無駄合禁止のルールの主旨が分かってないと思う。
無駄合を禁止するのは論理的な理由ではない。
手順を美しくするための身勝手ルールなのである。
だったら無駄なものは作意だろうと変化だろうと無駄なものは無駄と考えた方が詰将棋は美しくなると僕は考えている。
それからもう一つ。
無駄合禁止ルールは救済的ルールだと僕は思っている。
なるべくこのルールは使わないように創るのが、この無駄合なるものを禁止するルールを生かす事だと思っているのである。