チョー一流作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

順位戦

詰将棋パラダイスでは6月号にて詰将棋順位戦なるものが開催される。
今期は良い作品はあるにはあるが、全体的にレベルが低い。
低過ぎると言っても良いくらいだ。……と僕は出ていないから言えるのである(笑)。
これでは順位戦の楽しみの順位当てをしても面白くない。
もう一つの楽しみの作者当てをする。
と言って作者当てを楽しみにしている人はほとんどいないかも知れない。
詰将棋作家は作風と言うものがあり、半分くらいは皆が分かるのではと思っている。

A級であるが、①芹田作。⑥宮原作。
と皆が予想すると思うのである。
僕の予想と書かないのは、ハズレた時は僕の予想ではないと言うためである。
勿論、当たれば僕も予想したとなるのである(笑)。

B級は全作品を予想してみた。
①中出作。
②水谷作。
③山田作。
④仲西作。
⑤鈴川作。
⑥三角作。
⑦市島作。
⑧則内作。

③⑥⑦⑧は当たってる気がする。
②水谷作と⑤鈴川作は逆かも知れない。
どちらかだとは思うので、裏表買う事とする。
①④は全く自信なし。こちらは逆目は買わない事とする。
何故ならば当てたとしても配当がないからだ(笑)。

C級は実は全く予想出来ない。
一番良い作品は④である。
作者実績からこれは小林作であって欲しい。
すると武島作と思える作品がないのである。
武島さんと他の作家には大変失礼なのだか、武島氏ならもっと良い作品を創るんじゃないのと言う作品しかないのである。
ここで声を大にして言いたい。順位戦なら作家として順位争いを楽しめる作品を出さなくてはいけない。
………とC級を陥落した僕には言う資格がないのである(笑)。