チョーナンセンス作家のひとり言

詰将棋に関する事だけ書きます。

中学校担当者

★中学校担当者が病気しばらくお休みになるとの事。一刻も早く回復される事を願うばかりである。 それにともない今月の解説は吉岡真紀氏が勤められている。 早速、ご挨拶で突っ込みをしたい。☆中学校⑥北原幹久作。 初手は51飛として成るか成らないか? 解説に…

こんな形は嫌だ

★悪形と感じる形は個人差があると思う。 勿論、高校22〇輪作などは誰もが悪形と感じるだろう。 これから書く事は僕は悪形と感じてもそれほどではない人もいると思う。それをこんな形は嫌だとして書くのである。☆まずは宙ぶらりんの玉。 例えば表紙作で玉位置…

詰パラ2018・5月号採用作

★詰パラ5月号であるが、採用作は小学校・中学校・高校と3作。 2月号と4月号は採用作がなかったので、小学校・中学校はもっと早く採用して欲しかったのである。 しかし、これは無理な注文なのである。 投稿月を考えたら今月の採用は早く採用したとしても今月…

5月号表紙

★5月号の表紙は凄く良い。 あっ、似顔絵の女の子がである。 可愛いなと思うが誰か全く分からない。 竹中健一氏のFacebookによると、女流初の奨励会突破のプロを目指している西山朋佳さんらしい。☆さて表紙作品はその竹中健一氏の作品である。 嫌々解いてみた…

詰パラ2018・5月号到着

★詰パラ5月号が届いたのである。昨日。 今迄届いた日に直ぐ記事にしていたが、最近はやる気がないので翌日回しになるのである。☆いつもは自分の採用作から触れるのだが、今月は大学から。 三本裕明と言う初入選作家である。★去年の9月号中学校に三本不明と言…

詰パラ5月号の到着は

★昨日、家に帰ったら詰パラ5月号が到着してい……なかったのである(涙)。 でもガッカリしていない。来ない事を予感していたからである。 そしてこの予感は100%当たるのである。 届かない日は確実に来ないと予感出来る事は凄い事である。 しかも証明も出来る…

詰パラ2018・4月号(結果稿)短期段位認定⑥

【詰パラ2018・4月号(結果稿)短期段位認定⑥】★序8手は逆算である。 この局面からは深い変化もないし、煩雑な変化もない。手順も軽快である。 ポイントは1ヶ所だけ。13手目14飛に25玉。これは34龍、同歩、17桂迄。簡単である。 ……いや、これが簡単じゃない…

2018・4月号(結果稿)短大②

【2018・4月号(結果稿)短大②】★この作品は思わぬ低得点に終ってしまった。 ブログの更新を中々しなかったのは、低得点にガッカリしたため……ではないのである。 YouTubeやdブックで漫画の無料立読みを見てばかりいたのが、ブログの更新をさぼっていた理由で…

詰パラ2018・4月号(結果稿)中学校⑤

【詰パラ2018・4月号(結果稿)中学校⑤】★大分前に柳原氏がTwitterで『33玉に詰方44香・55馬の形で43香不成の詰将棋が出来るか』ってような事をツイートしていた。 勿論、短編らしい手順構成にせよと言う事なのだが、初手43香不成を実現するだけでも意外に難…

詰パラ2018・4月号(結果稿)小学校⑤

★ブログの更新であるが前回はいつだったか。 いつか覚えがないくらい昔のような気がする。 随分、更新をサボっているのである。 ………あっ、これはこのブログの事である(笑)。☆詰パラ2018・4月号(結果稿)小学校5 最近の小学校には3作連続でこんな感じの大模…

2017年下半期賞予想

【2017年下半期賞予想】 小学校=20柳澤 瑛作。 得点では5武島広秋作で手順も良いし、作品としても武島作の方が上だと思う。 ただこの作品、武島作としては不本意な作に感じているのである。 15馬は持駒角にしたいが36角が防げないので仕方なくとか、37銀や3…

2018・3月号(結果稿)同人室⑦

【2018・~月号(結果稿)同人室⑦】★今回の同人室の課題は限定打2回であった。 ただ限定打を2回入れるだけでなく、課題創作なら課題を生かすにはどうするか考えたいものである。 この課題なら遠打+遠打、遠打+近打、近打+近打と組み合わせる事が考えられる…

詰パラ2018・3月号(結果稿)短編コンクール⑬

【詰パラ2018・3月号(結果稿)短編コンクール⑬】 ★この作品については一度書いているが、最初の手順は飛中合→歩打ち→突き歩詰の7手詰である。 その手順は一通りしかなく、既に深和敬斗作があり解説の鈴川氏が参考図としてくれている。☆この参考図は創作の参…

2018・3月号採用作

★詰パラ3月号は高校に採用されていた。 めでたしめでたし。 この作品、実はめっちゃ古い作品である。 大した作品ではないが、僕らしいところがある作品で発表したいのに投稿出来ずにいた作品であった。 長い事投稿しなかったのは終4手目に変同があるからであ…

優勝を逃したショック

★3月号の結果稿を読んで僕は今、優勝を逃したショックで打ちひしがれている。 しかも僅か0.02の差だったので残念で仕方ない。 ……あっ、これは短編コンクールではなく同人室の事である(笑)。 2.50で優勝なら痛快だったのに。 ……て言うか2.52で優勝、2.50…

2017短編コンクール順位予想回顧

【2017短編コンクール順位予想回顧】★優勝予想は自分の作品だったが、実際の優勝は24室門作であった。 自分の作品を優勝して外すのは恥ずかしいかと言うとそうではない。 自作を優勝予想する根拠を「自作に甘いからである(笑)。」と冗談を書いた。 もし、こ…

詰パラ2018・3月号到着

★詰パラ2018・3月号が早くも届いたのである。☆採用作は高校11だけかな。 同じ月に一挙に採用されるより、毎月1作ずつ採用される方がありがたいので、嬉しい事である。★今月は平昌五輪ネタばかり書いていたので、詰将棋の話題に戻すため、短編コンクール予想…

カーリング女子銅メダル

★昨日はカーリング男子決勝とカーリング女子3位決定戦を要所だけ見た。 要所だけなのはカーリングは技術的にどこまで出来るか、その難易度も分からないので、戦術的に何をしたいのか分からない事が多いくずっと見るには忍耐がいるのである。☆男子決勝はレベ…

金と銅

☆平昌五輪、最後に金と銅。(まだクロスカントリーが残っているけど)★まず、女子マススタートの佐藤綾乃選手が転倒に巻き込まれたのが残念 高木菜那選手金メダルを取ってくれたからまあいいか。 素晴らしい!おめでとう☆マススタートとパシュートを見て思っ…

平昌五輪スケート女子パシュート金!

★平昌五輪、パシュート女子金メダルおめでとう 素晴らしきチームとしか言いようがない。 日本チームの優勝はオールラウンダーとしては世界ナンバーワンの高木美帆選手がいたからこそではあるが、他の二人は個々の実力としてはオールメダリストのオランダとは…

500mレース回顧

☆昨日は平昌五輪女子スピードスケート500mの小平奈緒選手の応援でテレビ観戦。 小平選手は一番日本で金メダルが期待された選手であった。 羽生結弦選手の方が金メダルの確率は高い選手だけど、怪我の回復の心配が大きかったので次であった。 奈緒…尚、小平選…

課題作募集

★課題作を募集します。課題=「不利」 不利の意味の解釈は自由です。出来た人はコメントにお願いします。 最優秀作品は僕の名前で同人室に投稿します。 決して作者名は明かしませんのでご心配なく。何故かこの記事はですます調になっているのは、真面目に作…

祝!羽生国民栄誉賞

祝!羽生国民栄誉賞! 羽生の国民栄誉賞は大変めでたい事である。 あっ、これは将来スケートの羽生結弦選手の国民栄誉賞の話なのである(笑)。

惜しくも銀

★平野選手・渡部選手・小平選手の三人共惜しくも銀。 小平選手は高木選手が銅。 三種目共この相手に負けたのならしょうがない相手だったので期待通りの活躍んしていると言って良い。 小平選手はアウトスタートだったのが残念だけど500に期待。 高木選手はパ…

更新されないブログ

★詰将棋のブログをやっている人はどのくらいいるのだろうか。 作家に重きをおいてない人は定期的更新をしているが、最近は有力作家のブログは軒並みおサボりモードか閉店ガラガラになっているのである。 なんたるちーあ。☆僕はと言えば始めた時より更新間隔…

祝!武島広秋氏同人入り

(祝)武島広秋氏同人入り!★これに関する記事は作品発表時に書いているのであるが正式に同人入りになるのは結果発表で入選100回が確定した時なので改めて書いてみたい。 まあ、このブログは記事整理をしてないので特定の過去の記事を読み返すのは難しいので記…

短編コンクール順位予想

★2017年度の短編コンクール順位予想をしてみたい。1位=13三輪勝昭作。 これは自分の作である。自分の作なのに1位予想しているが、これにはちゃんとした理由がある。 それは自作に甘いからなのである(笑)。2位=33 19枚目の歩作。 この作品は3連複圏外かも知…

平昌五輪スピードスケート

★僕の家にはテレビがないので、サウナで平昌五輪を見た。 女子3000mは流石オランダはスピードスケート大国金銀銅独占。 高木美保選手は持てる力は出したし、佐藤綾乃選手はこれ以上ない滑り。 スケートの女子3000mは疲れが顕著に出るのが面白い。 疲れて来る…

解説者の予告

★3月号の結果発表の三輪勝昭入選200回記念展の解説は超一流作家がするようである。……しまったー。超一流作家ではなくチョー一流作家の間違いだった(笑)。 いくら読み方が同じと言え全然違うものと間違うとは、取り返しのつかない間違いをしたのである。

詰パラ2018・2月号(結果稿)中学校25上谷直希作

【詰パラ2018・1月号(結果稿)中学校25上谷直希作】☆この作品の最初に図面を見た感想は、何だこの角と龍の配置は。こんなとこに置いては使い道が限られてしまうから良い作品ではないだろうであった。 しかも、終3手目に67香とするため、何かその工作をする…